仁木農場

「道内に母豚の供給、人工授精用種の扱い」

【繁殖母豚】

・GGP:300頭
・GP:1,600頭
・種オス:30頭

【農場の役割】

繁殖を担当し樽前農場に供給

【豚舎】

6棟

【設備】

糞尿処理設備完備

【飼育環境】

・オールイン・オールアウト
豚舎一棟で飼育している豚を移動(出荷)後に,徹底した洗浄を行い有機物を完全に除去清掃する。

・徹底した防疫体制
人や生産資材・輸送車両などの出入りに対して細かなルールを定め(衛生管理規定),厳しく制限することにより,農場外からの病原体のリスクを最小限にする体制を採用している。

・農場HACCP
安全性の高い豚肉を生産するため,食品の衛生管理方法であるHACCPシステムを当農場にも応用した「農場HACCP」を推進している。
農場における全ての作業に対して危害分析を行い、考えられる危害を未然に防止するためにマニュアル化している。作業の文書化・実施記録の保管管理により豚肉の安全性を証明することができる。

衛生管理について

衛生管理を徹底し豚にとって最適な環境を維持しております。

車両洗浄

防疫レベルを最高度に保つため、豚や飼料の搬入など当農場に入ってくるすべての車両はゲート前で一端停止し、インターホンで連絡。車両全体に消毒液のシャワー処理を施しています。

細菌検査

消毒シャワー処理後、車両荷台等が入場の基準をクリアしているかどうかの検査をします。

シャワーイン/衣類交換

疫病は汚染した人体・靴・衣類とともに間接的に入ってくることがあります。したがって入場者は、シャワー室で体を洗ったあと、すべての衣類・靴などを当農場指定のものと交換していただきます。
なお、猫などの動物をペットにしている方は、「24時間」、養豚業などの同業者は「48時間」の入場保留期間を指定しています。

※バイオセキュリティを守る各システムは、基本的に樽前農場も同様です。

コメントは受け付けていません。